音声 グローバルメニューへジャンプ
音声 コンテンツへジャンプ

えぶり小学校

最終更新日:2017年3月14日

えぶり小学校写真 えぶり小学校校章
えぶり小学校写真 えぶり小学校校章

名称

水巻町立えぶり小学校 (「えぶり」の漢字は、「木」偏に「八」です)

所在地・連絡先

〒807-0031 福岡県遠賀郡水巻町えぶり2丁目3番1号

電話番号 093-201-5465 FAX番号 093-201-5466

概要

児童一人一人の「よさ」を大切にして、心豊かで楽しい学校生活を創造し、「知」・「情」・「意」・「体」の調和のとれた人間性豊かな児童の育成を推進しています。 学校経営にあたっては、調和のとれた児童の育成のため、全職員による組織的・創造的・機能的な教育活動を通して、学校教育目標の達成を目指しています。

 

平成28年4月現在
校長 入江 正次
教頭 森山 公治
 
平成28年4月現在
児童数 192人
学級数 9学級
職員数 29人

 

学校だより(平成28年度)

 

経営理念

今年は、「ふくおか学力アップ推進事業」の取り組み3年目、水巻町教育委員会研究指定3年目の年です。結果が問われる年の始まりです。子どもが自らの成長を感じ、明るい未来を子ども・教職員・保護者・地域の方々が感じる学校づくりを進めていきたいと考えています。校長として、学校経営を進めるにあたり、「子どもの幸せ感を生む」、「教職員の働きがいを生む」ことを大切にしていきたいと考えています。

水巻町立えぶり小学校 校長 入江正次

「子どもの幸せ感を生む」

今の姿を自分で見つめて、自分らしく磨いていけば幸せになれる。結果ではなくて、過程が幸せ感を生む。結果だけで人は成長するのではない。過程(プロセス)を大事したい。「子どもの幸せ感」とはプロセスの中で自己成長を実感し、周囲との温かい人間関係に支えられていると感じ、これからの未来に希望をもつことで実現すると考える。子どもは宝である。

「教職員の働きがいを生む」

自分を磨いている大人にしか「自分を磨く子」を育むことはできない。教育にあたる教職員自身が何かを目指して頑張って謙虚に生きる。そういう生き方(働き方)をすることが大事だと思う。一人一人の教職員がキャリアステージに応じた指導力・人間力を磨き、自分の仕事の成果を感じてほしい。学校は人が財産である。

学校教育目標

心身ともに健やかで、自ら学びたくましく生き抜く人間性豊かな子どもの育成

見解

本校の学校の教育目標は、知識基盤社会、グローバル社会を生き抜く子どもを視野に入れて 設定したものである。子どもが学習指導要領に示されている「生きる力」をもって、社会を生 き抜くために、自分の能力を信じ、これから出会うであろう様々な課題解決できるであろう と期待できる自己効力感を高めさせたい。そして、諦めず、挑戦し続けるタフな子どもを育てていくことが必要であると考える。「未来は、決して暗いものではなく、明るく広がっている」 そんな光景を教室の窓から子どもに見せたい。

 

  1.  「心身ともに健やかで」とは
    心理的(精神的)にも身体的(肉体的)にも、自己の課題解決のために、または、自己成 長のために、十分な成果が期待できる状態であることを自分自身が自覚できていることである。
    心理的に自分が大丈夫だと感じるためには、自分の課題解決の能力や可能性を実感するだ けでなく、周りの人との関係(自分を支えてくれている人がいると感じること)が良好だと 感じることである。
    身体的に自分が大丈夫だと感じるためには、自分の体力に対して自信があり、今後も高め ていこうとする意欲や態度を養うことである。
  2. 「自ら学びたくましく生き抜く人間性豊かな」とは
    自らの能力を過信したり、自らの能力のみに頼ったりして課題解決をすることなく、他人の良さを認め、互いに行動して解決することが価値あることであると考えることができることである。
    そして、自らを律しつつ、「知・徳・体」の目標に向かって、最後まで、粘り強くやり抜く力や心情として、「創造力・社会力・活動力」を自己に形成することである。
    • 「創造力」・・・新しい考え方を生み出す思考力・判断力と適確な表現力
    • 「社会力」・・・美しいものに感動する心や他者を思いやる心
    • 「活動力」・・・粘り強く挑戦し続ける実践力

めざす児童像~こんな子どもの姿を目指しています~

ハキハキ ニコニコ モリモリ えぶりっこ

すすんで学ぶ子

<ハキハキ度>
  1. 勉強の物がまえができる子(家庭・学校)
  2. 自分なりに考え、表現できる子(家庭・学校)
  3. みんなで交流し、高めあう子(学校) ※平成28年度重点項目
  4. 家庭学習をがんばる子(家庭・学校) ※平成28年度重点項目
  5. 本をたくさん読む子(学校・家庭) ※平成28年度重点項目
豊かな心をもつ子

<ニコニコ度>
  1. 誰にでも進んであいさつする子(学校・家庭・地域) ※平成28年度重点項目
  2. 地域の行事に進んで参加する子(地域・家庭・学校)
  3. 掃除や仕事、手伝いをがんばる子(学校・家庭) ※平成28年度重点項目
  4. 友達の良さを見つけ励まし合う子(学校・家庭・地域) ※平成28年度重点項目
  5. あったか言葉をかけ合う子(学校・家庭・地域) ※平成28年度重点項目
  6. 生き物を大切にする子(学校)

健康でたくましい子

<モリモリ度>

  1. 声をかけ合って元気に体を動かす子(学校・家庭) ※平成28年度重点項目
  2. こまめに手を洗う子(学校・家庭)
  3. 早寝早起き、朝ご飯を食べる子(家庭) ※平成28年度重点項目
  4. 安全を考えて生活する子(学校・家庭・地域) ※平成28年度重点項目
  5. 残さずいただく子(学校・家庭)
  • ( )内は、連携して育成する役割を担うところを示しています

 

めざす学校像

開かれた学校
  • 学校・家庭・地域の三者による教育を進める。
  • 教育課程内外において、地域と相互連携して「地域に還元できる学習」を展開する。
  • 通信、懇談などを活用して、学校の教育方針、学校の教育活動の様子を発信していく。
美しい学校
  • 手入れされた植物、花がある。掃除が行き届いた校舎内外である。
  • 掲示物が適時張り替えられ、児童の学習意欲を喚起する教室・廊下環境。
安全な学校
  • 危機管理マニュアル、定期的な安全点検等に沿って施設の安全に努める。
  • 学級活動や体育科(保健)の授業を通して、児童の健康意識、安全意識の高揚に努める。
  • 学校保健安全委員会を開催し、外部機関、地域とも連携した保健・安全の充実を図る。

めざす教職員像

  • 職務遂行能力を高める教職員(ヘッドワーク)
    • 授業力あふれる教員
    • 生徒指導指導力をもつ教職員
  • プロジェクト遂行能力を高める教職員(フットワーク)
  • 対人関係能力を高める教職員(ネットワーク)

学力向上の取り組み

4月からの学力向上重点方策
授業づくり
  • 自分の考えを持たせ、表現させる授業の工夫
  • 少人数授業の充実
学力基盤づくり
  • ドリルタイムおよび朝の活動における「ことば」の取り組みの充実
  • 「ドリルタイム(月曜・火曜・木曜・金曜14:10~14:25)」 全学年の国語・算数の基礎的な学習の復習
  • 「猪熊タイム(水曜15:25~15:55)」 5年生、6年生の国語・算数の活用的な学習の復習
教師の指導力向上
  • 国語科授業改善に関する研修の充実
家庭との連携
  • 家庭学習(自主学習を含む)の定着

 

平成28年度 全国学力・学習状況調査および福岡県学力検査結果分析
  1. 国語科:「文の意図を読み取る」「目的や意図に応じて自分の考えを書く」の正答率が低く、文の要旨や意図を読み取る技能を高める必要がある
  2. 算数科:「数量や図形についての知識・理解」「式の意味を説明する」の正答率が低く、基礎事項の徹底と説明できる「数学的な考え方」を養う必要がある
  3. 「文の要旨をまとめる」「根拠を説明する」の正答率が低いため、自分の考えを「まとめる・説明する・高める」技能を習得させる必要がある
11月からの学力向上重点方策の改善点
授業づくり
  • 国語以外の教科でも「一人一人に考えを持たせ、書かせ、考えを交流させる授業の徹底
学力基盤づくり
  • ドリル学習やプレテストにより習得できていない内容を自覚させ、繰り返し復習させる学習の徹底
教師の指導力向上
  • 学習の振り返りを行い、学んだことを認知させる活動の徹底
家庭との連携
  • 「家庭学習の習慣づけ、環境づくり、読書習慣をつける」学校と家庭との連携

 

年間行事予定

4月 離任式、始業式、赴任式、入学式、発育測定、視力検査、眼科検診、ぎょう虫検査、学習参観、学級懇談会、家庭訪問、縦割り活動、地区児童会(集団下校)、委員会活動
5月 土曜日授業(学習参観・教育説明会・PTA総会)、1年生を迎える会、歓迎遠足、内科検診、視力検査、心臓検診、委員会活動、クラブ活動、プール清掃、スポーツテスト、交通安全教室、
6月 土曜日授業(修学旅行報告会・校区美化運動)、歯科検診、耳鼻科検診、修学旅行、プール開き、委員会活動、縦割り給食、クラブ活動、防犯教室、児童朝会
7月 個人懇談会、期末大掃除、終業式、サマースクール
8月 平成28年度は出校日はありません(エアコン設置工事のため)
9月 始業式、土曜日授業(親子清掃作業・学習参観)、発育測定、委員会活動、児童朝会
10月 土曜日授業(校区ゾーン事業:えぶりフェスタ・感謝集会)、校外体験学習、運動会、クラブ活動、委員会活動、児童朝会
11月 土曜日授業(持久走記録会・学習参観)、委員会活動、クラブ活動、冬の体力づくり週間(~12月)、児童集会、水巻町教育委員会指定研究発表会(15日)
12月 個人懇談会、終業式、期末大掃除
1月 始業式、土曜日授業(学習参観・津波避難訓練)、発育測定、あいさつ運動、児童集会
2月 土曜日授業(学習発表会、教育懇談会)、新1年生入学説明会、委員会活動、中学校入学説明会、薬物乱用防止教室
3月 土曜日授業(6年生を送る会)、卒業式、期末大掃除、修了式

 

土曜日授業スケジュール

校歌

作詞 石森延男

作曲 下総皖一

  1. 朝(あした)の雲 美(うる)わしく 豊前峰(ぶぜんぼう)
    ここに学ぶよ われら 心 やさしく からだは 強く
    つねに たくましく

  2. 夕べの風 清らかに 遠賀川
    日々を学ぶよ われら 心 おごらず 誠を もちて
    いざや 進まん

  3. かがやき照る なつかしき 日の峯(みね)
    高き望みを 示し 光 あふるる 友だち 集う
    たのし 学び舎(や)

 

Get Adobe ReaderのアイコンPDFの閲覧には、無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。

Get Adobe Readerのアイコンをクリックして入手できます。

 

学校教育課 学校教育係 電話(代表)093-201-4321

担当部署にメールで問い合わせる

質問内容
返信

メールの返信希望の場合は入力してください。

※必須メールアドレス (半角英数字)
※必須名前
住所
電話番号

 

↑ページの先頭へ