音声 グローバルメニューへジャンプ
音声 コンテンツへジャンプ

伊左座小学校

最終更新日:2019年5月30日

えぶり小学校写真 えぶり小学校校章
伊左座小学校写真 伊左座小学校校章

名称

水巻町立伊左座小学校

所在地・連絡先

〒807-0056 福岡県遠賀郡水巻町伊左座3丁目4-1

電話番号 093-202-0350 FAX番号 093-202-0351

概要

設立 昭和49年4月1日

伊左座小学校は水巻町の南部に位置し、西側に遠賀川が流れ、その河川敷には弥生時代の農耕文化発祥の地として立屋敷遺跡があります。また日本武尊と砧姫の伝説を秘めた樹齢1900年以上といわれる八剣神社の県指定天然記念物の大銀杏など貴重な史跡や文化財があります。

かつては農業の盛んなところでしたが、近代には石炭産業が盛んになり、人口の増加、児童数の増加に伴い、下二小学校が吉田小学校と伊左座小学校の東西二つに分かれました。

現在、伊左座小学校周辺には分譲団地やアパートなどの住宅が増え、徐々に児童数も増加しています。

保護者や地域の人々の学校教育への関心は高く、PTA活動や地域行事も盛んに行われています。

平成31年4月現在
校長 上之 浩
教頭 氏本 射須身
令和元年5月1日現在
児童数 428人
学級数 15学級
職員数 32人

※人名の漢字表記について、JIS第1・第2水準以外の漢字については、対応する常用漢字で表記しています。

 

年間行事予定(令和元年度)

入学式 4月10日(水曜)
運動会 9月29日(日曜)
卒業式 3月予定(日程は12月頃に決定します)
平成31年4月現在

 

4月 離任式、赴任式、始業式、入学式、発育測定、学習参観(学級懇談会)、家庭訪問、交通安全教室、1年生を迎える会・歓迎遠足集会(縦割り集会)
5月 土曜日授業(学習参観・PTA総会)、体力テスト週間、火災避難訓練、吉田小合同自然教室(5年生)
6月 仕事体験(6年生)、プール開き、土曜日授業(学習参観・しゃべり場・見守り交流会・熟議の会)、田植え農業体験(5年生)、地区児童会
7月 個人懇談会、終業式、サマースクール
8月 出校日(平和学習)
9月 始業式、土曜日授業(学習参観・親子除草作業)、運動会
10月 南中校区クリーンアップ作戦、土曜日授業(学習参観・熟議)、社会見学、稲刈り農業体験(5年生)、南中校区研究発表会
11月 修学旅行(6年生)、土曜日授業(学習参観)、ふれあい集会
12月 個人懇談会、終業式
1月 始業式、土曜日授業(防災安全避難訓練)
2月 土曜日授業(学習参観・学級懇談会)、ふれあい集会、新1年生体験入学・入学説明会
3月 土曜日授業(6年生を送る会)、卒業式、修了式

 

土曜日授業スケジュール

学校だより(令和元年度)

 

教育目標

自分を伸ばし、自他を大切にする子どもの育成

  1. 考えを深める子ども 【自立力…目標に向かって計画的に実行する力】
    「学びを通して、自分の考えをもち、伝え合う子ども」
  2. 力を合わせる子ども  【協働力…相手を尊重し、共にやり遂げる力】 
    「相手を認めて、互いのかかわりを楽しむ子ども」
  3. たくましい子ども 【健康力…心身共に元気で、粘り強く取り組む力】
    「栄養をしっかりとって、元気に活動する子ども」
  4. きまりを守る子ども 【規範力…善悪の判断ができ、自分をコントロールする力】
    「学校のきまりを守り、いじめを許さない子ども」

研究主題

主体的に問題を解決する児童・生徒の育成(水巻南中学校区連携)

~自分の考えをつくり、広げ深める学習活動の工夫を通して~

特色ある活動

  • 「主体的に問題を解決する児童・生徒」とは、以下のような児童・生徒のことです。
    1. 学習課題について、見通しをもち、自分なりの考えをつくることができる児童・生徒
    2. 自分の考えを説明し、他者の考えと比べながら話し合うことによって、自分の考えを広げ深めることができる児童・生徒
  • 「自分の考えをつくる」とは、学習課題について、既習の知識・技能や生活経験と比べながら、見通しをもち、自分なりの考えをもつことです。
  • 「自分の考えを広げ深める」とは、学習課題について、自分の考えを理由や根拠を示しながら説明し、お互いに情報を交換したり共有したりして友だちと話し合うことで、自分にはなかった視点や考えに気づき、それをもとに自分の考えを見直していくことです。
  • 「自分の考えをつくり、広げ深める学習活動」とは、1単位時間の学習過程(授業スタンダード)の中に、「つくる活動1」「つくる活動2」を必ず設定した学習活動のことです。
    1. つくる活動1 学習課題について見通しをもち、自分の考えを表現する。
    2. つくる活動2 自分の考えを説明し、他者の考えと比べながら話し合っていく中で、見直した自分の考えを表現する。

学力向上の取り組み

  1. 国語科や算数科の指導を中心に授業改善を継続し、「授業スタンダード」の徹底を図る。
  2. 徹底反復学習を効果的に実施する。
  3. 家庭学習の充実を図る。

校歌

作詞 白石禎輔

作曲 米倉マサ

  1. 筑紫の山に日はのぼり
    いま明けそむる 水巻よ
    光かがやく 学び舎に
    つねにかしこく われらあり
    伊左座 伊左座 わが母校

  2. 遠賀の流れ 水清く
    里うるわしき 水巻よ
    永遠になつかし 学び舎に
    こころゆたかに われらあり
    伊左座 伊左座 わが母校

  3. 遠賀の水門は 波あらく
    競いさかゆる 水巻よ
    そびえて高き 学び舎に
    ああたくましく われらあり
    伊左座 伊左座 わが母校

 

Get Adobe ReaderのアイコンPDFの閲覧には、無償ソフトウェア「Adobe Reader」が必要です。

Get Adobe Readerのアイコンをクリックして入手できます。

 

学校教育課 学校教育係 電話(代表)093-201-4321

担当部署にメールで問い合わせる

質問内容
返信

メールの返信希望の場合は入力してください。

※必須メールアドレス (半角英数字)
※必須名前
住所
電話番号

 

↑ページの先頭へ