メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

認知症支援

更新日:2018年11月29日

水巻町では、認知症の人、その家族、介護をしている人が、安心して暮らせる地域づくりに取り組んでいます。

認知症は、いろいろな原因で脳の細胞の働きが失われたり、動きが悪くなったりして、記憶力や判断力などに障がいがおこり、生活に支障をきたす脳の病気で、誰にでも起こる可能性があります。

歳をとると誰でも忘れっぽくなりますが、これは「老化によるもの忘れ」です。この「老化によるもの忘れ」と「認知症によるもの忘れ」の区別が難しいため、「あれ?」と思ってもそのままにしてしまいがちです。

認知症を完全に治すことは難しいですが、医療機関で適切な治療をすることで、症状の進行を遅らせることはできます。そのため早期発見・早期対応が大切です。「あれ?」が、認知症のサインかもしれません。

少しでも気になったら、かかりつけ医や水巻町地域包括支援センターに相談してください。

相談窓口

水巻町地域包括支援センター 役場(1階)包括支援係内
電話番号(代表)093-201-4321

認知症初期集中支援チーム

認知症になっても、本人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域で暮らし続けることができるように、医療職や介護職の専門家でチームを組み、認知症が疑われる人やその家族に対し、早期診断・早期対応に向けた支援を行います。

活動の主な内容

  • 訪問支援の対象者に対し、早期の支援を行うための訪問活動を行います。
  • 訪問活動の中で、相談に応じ対象者の支援の方法を検討します。
  • 対象者を適切な医療機関への受診に繋げたり、介護保険サービスや福祉サービスなどを利用できるように支援します。

訪問対象者

  • 40歳以上で、在宅で生活しており、かつ認知症が疑われる人
  • 認知症の人で次の1または2に該当する人
    1. 医療サービスや介護サービスを受けていない人、または中断している人で以下のいずれかに該当する人
      • 認知症の診断を受けていない人
      • 継続的な医療サービスを受けていない人
      • 適切な介護サービスに結び付いていない人
      • 認知症と診断されたが介護サービスが中断している人
    2. 医療サービスや介護サービスを受けているが、認知症による症状が強いため対応に困っている人

認知症初期集中支援チームへの相談の流れ

  • 認知症の鑑別診断を受けさせたいけど、本人が受診を拒否している
  • 認知症の治療をしていたが、本人が勝手に中断して困っている
  • 認知症の症状が強いのだが、介護サービスを拒否して困っている
  • 物忘れが激しく、家の鍵や健康保険証・通帳など大切な物をよく紛失するようになった
  1. このような認知症に関連することで困っている場合は、水巻町地域包括支援センターに相談してください。
  2. 認知症初期集中支援チーム員が対象者の自宅を訪問します。
  3. 認知症初期集中支援チームと認知症地域支援推進員などで「チーム員会議」を開催し、対象者への支援の方法を話し合います。
  4. 支援方法に基づき、訪問して対象者の支援を行います。

認知症は、早期発見・早期対応が大切です

  1. 治る病気や一時的な症状の場合があります 脳の病気(慢性硬膜下血腫、脳腫瘍、正常圧水頭症など)や甲状腺ホルモンの異常、薬の副作用で認知症のような症状が出た場合は、医療機関で治療が可能です。
  2. 進行を遅らせることが可能な場合があります
    症状が軽い段階で認知症に気づき、医療機関で診断を受けた場合、薬を飲んだり、周囲が適切な関わりを持ったりすることで、症状の進行を遅らせることに効果的です。
  3. 今後の生活の準備をすることができます
    本人が理解できる間に自らの病気について知ることができ、その後の人生をどう生きるかを考えることができます。また家族間でも、本人の思いや希望について十分に時間をかけて話し合いをすることができ、必要な人・場所・医療・介護サービスを選ぶなど今後の生活への備えをすることができます。

認知症を引き起こすおもな病気

脳血管性認知症

脳の状態

脳血管性認知症

血管が詰まって一部の細胞の働きが失われる

発症と経過

段階的に良くなったり、悪くなったりする

アルツハイマー型認知症

脳の状態

アルツハイマー型認知症

脳の細胞の働きが少しずつ失われ、脳が委縮する

発症と経過

少しずつ進行する

出典:認知症サポーター養成講座標準教材

ほかに、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症、アルコール型認知症などもあります。

もの忘れと認知症の違い

もの忘れ

体験の一部を忘れる

体験の一部を忘れる

    • 体験やでき事の一部を忘れるがヒントがあれば思い出すことができる
    • もの忘れをしている自覚がある

たとえば・・・
朝ごはんのメニューは思い出せないが
朝ごはんを食べたことは覚えている

日常生活に大きな支障は出ない

認知症

体験全体が抜け落ちる
体験全体が抜け落ちる

  • 体験やでき事のすべてを忘れてしまうためヒントがあっても思い出すことができない
  • もの忘れをしている自覚がない

たとえば・・・
朝ごはんを食べたこと自体を忘れている

日常生活に支障が出る

認知症の症状

中核症状(多くの認知症の人に見られる症状)

記憶障がい

  • 新しいことが覚えられない
    例)つい先ほど言われたことも思い出せない

見当識障がい

  • 時間・日付・季節・場所・人との関係性が分からなくなる
    例)何回も時間を聞く、季節感のない服を着る

理解・判断力障がい

  • 同時進行で物事を進めることが難しくなる
  • 考えるスピードが遅くなる
    例)家電や自動販売機などが使いこなせない

実行機能障害がい

  • 段取りを立てることが難しくなる
    例)前もって計画を立てることができない

行動・心理症状(しばしば見られる症状)

不安・焦燥

おちつかない、イライラしやすい

幻覚・被害妄想

実際には無いものが見える、「物を盗られた」などの現実には無いことを思い込む

徘徊

外に出かけて道に迷う

食行動の異常(異食)

食べ物でないものを食べようとする

不潔行為

おむつの中の便を手で出す

睡眠障がい

昼と夜が逆転する

過食

食べたことを忘れて、何度も食事を欲しがる

失禁

トイレ以外の場所で排泄をする

収集癖

物を大事に集めて捨てない

認知症の進行と対応

認知症は少しずつ進行し、症状が変化していきます。家族や周囲が認知症を理解し、症状の進行に合わせて上手に対応していくことが大切です。

軽度認知障がい 物忘れが多い

本人の様子

  • 同じことを何度も聞く
  • 日付や曜日が分からなくなる
  • 疑い深くなったり、怒りっぽくなったりする
  • 好きだったことに興味を持たなくなる
  • 何を探しているのか分からなくなる

家族や周囲の対応

  • 地域行事など社会参加をすすめましょう
  • 趣味などを楽しむようにすすめましょう
  • 家庭内でも役割を持たせ継続できるようにしましょう

認知症の疑い 認知症(軽度)

本人の様子

  • 同じものを買ってくる
  • 計画や段取り通りに行動できない
  • 約束を忘れる
  • 料理の味付けが変わる

家族や周囲の対応

  • かかりつけ医や相談窓口に相談しましょう
  • 接し方のポイントを理解しましょう
  • 家族間で介護について話し合っておきましょう

認知症(中度)

本人の様子

  • 知っている場所で迷子になる
  • 季節にあった服が着られない
  • 着替えや入浴を嫌がる
  • 徘徊をするようになる
  • すぐに興奮する

家族や周囲の対応

  • 介護サービスを上手に活用しましょう
  • 介護をする人も健康管理に気を付けましょう

認知症(重度)

本人の様子

  • トイレの失敗をする
  • 家族の顔が分からなくなる
  • 話をしなくなる
  • 使い慣れた道具の使い方が分からなくなる
  • 寝たきりになる

家族や周囲の対応

  • 合併症などを起こしやすくなるので注意しましょう
  • 終末期について家族で話し合っておきましょう

認知症の人への接し方

認知症の人への対応の心得 3つの「ない」(基本姿勢)

  • 驚かせない
  • 急がせない
  • 自尊心を傷つけない

具体的な対応の7つのポイント

  • まずは見守る
    さりげなく様子を見守ります。近づきすぎたり、ジロジロ見たりするのは禁物です。
  • 余裕をもって対応する
    こちらが困惑や焦りを感じていると相手に伝わって動揺させてしまいます。自然な笑顔で応じましょう。
  • 声をかけるときは1人で
    複数で取り囲むと恐怖心をあおりやすいので、できるだけ1人で声をかけましょう。
  • 後ろから声をかけない
    一定の距離で相手の視野に入ったところで声をかけましょう。唐突な声かけは禁物です。
  • 相手に目線をあわせて優しい口調で
    小柄な人には、身体を低くするなど、目線を同じ高さにあわせて、優しい口調で話をしましょう。
  • おだやかに、はっきりした話し方で
    高齢者には耳が聞こえにくい人もいます。ゆっくり、はっきりと話しましょう。方言でコミュニケーションをとることも効果的です。早口・大声・甲高い声でまくしたてるのは禁物です。
  • 相手の言葉に耳を傾けてゆっくり対応
    認知症の人は急かされるのが苦手です。同時に複数の問いに答えることも苦手です。相手の反応を見ながら会話をしましょう。たどたどしい言葉でも、相手の言葉をゆっくり聞き、何をしたいのかを相手の言葉を使って推測・確認していきましょう。

参考:認知症サポーター養成講座標準教材

認知症の予防

認知症の発症リスクを減らしましょう。

  • 生活習慣病の予防
    年に1回は健康診断を受けましょう。治療中の人は治療を継続しましょう。
  • 適度な運動
    ウォーキングや水泳などの有酸素運動は血流をよくして脳に刺激を与えます。
  • ストレス発散
    ストレスを発散することで、脳が活性化します。
  • 心地よい刺激と笑顔
    心地よい刺激を受けたり、笑ったりすることで、意欲をもたらす脳内物質(ドーパミン)がたくさん放出されます。
  • コミュニケーション
    友人や家族と楽しく過ごすことで社会とのつながりを保ちます。
  • 役割・日課
    人の役に立つことを日課に取り入れることが生活を充実させます。
  • ほめる・ほめられる
    ほめても、ほめられても、意欲をもたらす脳内物質(ドーパミン)がたくさん放出されます。

認知症サポーター養成講座

認知症を正しく理解し、認知症の人やその家族を見守る応援者となるための「認知症サポーター養成講座」です。

認知症サポーターは特別な資格ではなく、困っている人がいたら声をかけるなど、自分のできる範囲で認知症の人の杖となる活動をするものです。

受講料

無料

参加人数

5人以上(要相談)

申し込み

水巻町地域包括支援センター(役場・包括支援係内)
電話番号(代表)093-201-4321

水巻町認知症ガイドブック(水巻町認知症ケアパス)

水巻町では、「認知症になっても住み慣れた地域で安心して暮らし続けることができる社会」を目指して、認知症の人やその家族が「いつ」「どこで」「どのような」支援を受けることができるのか、認知症の進行や状態に応じて利用できるサービスの流れ(認知症ケアパス)を整理し、認知症ガイドブックとしてまとめました。ぜひ参考にしてください。

認知症ガイドブック(PDF版)
認知症ガイドブック

内容

  1. 認知症を理解しましょう
    • 認知症は誰でもかかる可能性のある病気
    • 「認知症」と「もの忘れ」の違い
    • 認知症とはどんな病気
    • 認知症の症状(中核症状、行動・心理症状)
    • 認知症に早く気づきましょう
    • 認知症の早期発見の目安
    • 認知症の進行と主な症状・生活上のポイント
  2. 認知症予防
    • 認知症予防のポイント
    • 認知症サポーター養成講座
    • 認知症予防に関する出前講座
    • 集う場所・憩いの場所
  3. 進行に合わせて受けられるサービス
    • 地域で見守り・支えあう
    • 生活支援サービス
    • 介護保険サービス
    • 住まい
  4. 認知症の相談窓口
    • 認知症医療センター・認知症サポート医
    • 認知症外来・もの忘れ外来
    • かかりつけ医認知症対応力向上研修修了者
    • 認知症の総合相談窓口
    • 認知症の介護に関する相談窓口
    • お金の管理や日常生活の手続きに関する相談窓口
    • 日常生活自立支援事業・成年後見制度
  5. 認知症の人と接するときの心がけ
    • 認知症の人への接し方
    • 認知症の人と接するときの心構え
  6. 認知症の進行に合わせて受けられるサービス一覧(ケアパス)
ファイルの閲覧方法

PDF・Word・Excelなどのファイルを閲覧するには、ソフトウェアが必要な場合があります。詳細は「ファイルの閲覧方法」を確認してください。

このページの担当部署

福祉課 包括支援係
電話番号:(代表)093-201-4321