音声 グローバルメニューへジャンプ
音声 コンテンツへジャンプ

水道管の凍結に注意しましょう

最終更新日:2017年1月20日

気温が氷点下になると水道管が凍結する恐れがあります。凍結すると、水が出なくなり、水道管が破裂することもあるので注意してください。

水道管が凍結しやすいところ

  • 屋外に露出している水道管
  • 風当たりの強いところにある水道管
  • 北側にある水道管

水道管の凍結を防止するには

  • 屋外に露出した水道管や蛇口に、市販されている保温チューブなどを巻いて、その上からビニールテープで防水してください。
  • 水道メーターのボックスの中は空洞でとても冷えやすくなっています。砂を入れたビニール袋やタオルなどを詰めて空洞を埋めることで凍結が防止できます。

凍結したときは

  • 気温の上昇で自然に解凍するのを待つか、タオルをかぶせ、その上からぬるま湯をゆっくりかけます。
    ※ 時間をかけて徐々に解凍してください。
    ※蛇口や水道管には熱湯をかけないでください。破裂する恐れがあります。

水道管の修理(有料)は、北九州市上下水道局指定の給水装置工事事業者に依頼してください。

問い合わせ先

北九州市上下水道局西部工事事務所 電話093-644-7820

 

関連情報

 

 

上下水道課 電話(代表)093-201-4321

担当部署にメールで問い合わせる

質問内容
返信

メールの返信希望の場合は入力してください。

※必須メールアドレス (半角英数字)
※必須名前
住所
電話番号

 

↑ページの先頭へ