音声 グローバルメニューへジャンプ
音声 コンテンツへジャンプ

折尾高校の就業体験(インターンシップ)の生徒を受け入れました(平成27年度)

最終更新日:2018年9月30日

平成27年8月4日(火曜)・5日(水曜)・7日(金曜)の3日間、水巻町役場では、折尾高校2年生の就業体験(インターンシップ)の生徒4人を受け入れました。

3日間のうち前半は財務係で決算資料の作成、後半は情報政策係でホームページの作成などの業務を体験し、知らないことばかりで戸惑いながらも、しっかりと自分の意見を持って業務に取り組みました。

以下の内容は、就業体験で実際に高校生が作成したホームページです。フレッシュなパワーでやり遂げた仕事の成果をぜひご覧ください。

 

日程

日付 研修先 内容
8月4日(火曜) 財務係 決算資料の確認と訂正、資料の印刷、
吉田小学校・水巻中学校のエアコン設置事業の見学
8月5日(水曜) 財務係・情報政策係 水巻町図書館の見学、ホームページ原稿の作成
8月7日(金曜) 情報政策係 ホームページの作成

 

8月4日(火曜) 就業体験1日目

財務係で、決算資料の確認と訂正、印刷の業務をしました。また、吉田小学校と水巻中学校へ、エアコン設置事業の見学に行きました。

決算資料の訂正と確認

決算概要書には、事細かにどのようにお金が使われているのか、また施設の利用人数なども書いていて、見ていて面白かったです。また、様々な事業がなされていることなどを知ることができました。最終的には議会に決算資料を提出するということで、見落としのないようにしっかりと確認しました。「確認すること」の大切さを改めて学ぶことができました。

エアコン設置事業の見学

エアコン設置の様子

吉田小学校、水巻中学校のエアコン設置・改修工事現場では、税金が実際にどのように使われているのか見学に行きました。職員の人の話を聞いて、防衛省などが関わっていることなどを初めて知ることができました。夏休みを利用した期間での工事ということで、暑い中での工事はとても大変そうでした。

 

8月5日(水曜) 就業体験2日目

午前中は財務係で印刷の業務と図書館の見学に行きました。

午後からは情報政策係でホームページの原稿を作りました。

図書館の見学

オランダと水巻町の交流の写真

水巻町図書館に見学に行きました。

水巻町は、オランダとの交流がとても深くて、図書館の中にはオランダコーナーがありました。私は水巻町図書館に初めて行って、オランダとの交流が深いとは思ってなかったので館内の人の話を聞いてびっくりしました。先日もオランダの市長が水巻図書館を訪れたそうです。

そして図書館とは思えないほどのコーナーがたくさんありました。例えば、漫画喫茶のようなDVDを観るところがありました。図書館にそのようなコーナーがあるなんて思いませんでした。子供が座って本を読むお家の形をしたところや、学生や大人が勉強できるスペースもありました。他にもたくさん驚いたところがあり、北九州市の図書館とは違った素敵な図書館でした。

情報政策係の仕事見学

午後は最初に情報政策係の説明を聞きました。情報政策係は主に役場内のパソコン環境の整備、ホームページの作成などをしています。

役場にあるパソコン約300台の基盤となっているサーバー室にも入りました。サーバーは、壊れてしまうと役場の仕事が一切できなくなってしまうので、一方が壊れてももう一方で仕事ができるように2台あります。室内はとても気温が低く、年中エアコンはコンピューターの動作に適した20度に設定してあります。電気代はかかりますが、エアコンを切ると気温が50度ほどに上がってしまうので切れないとのことです。

ホームページは全国広報コンクールの町村部門という、市町村のホームページのコンクールで最優秀の特選というすばらしい成績を収めてあります。1日のアクセス数は約5,000件あり、実際にわかりやすく使いやすいデザインのホームページだと感じられます。 働いている人はみなさん優しく、和やかな雰囲気があり、とても過ごしやすいところでした。

ホームページ原案の作成

ホームページ作成の様子2日目の後半から3日目にかけて、水巻町のホームページを作るために一人ひとり原稿を書きました。

2日間の体験を元に、3日目に実際にホームページを書くのでいろいろな経験のことを書きました。

ホームページを作る上での注意事項は、「どんな人にもわかりやすく」、「一文は短く」を心がけることです。どんな文面にしたら読みやすくなるのかを考えて、作成しました。

 

3日間を通しての感想

仲村 栞那

ホームページ作成の様子3日間の就業体験は、「充実」この言葉があてはまるような3日間でした。

就業体験をする前は、静かに仕事をしているイメージがあり、すごく緊張していました。

ですが、実際に来てみると、職員の人同士がとても仲が良く和やかな雰囲気で仕事をしていました。その様子を見ていると、私もこんな職場で働いてみたい、仕事をしている姿はかっこいいと思いました。

また、体験することの1つ1つが新鮮で、やりがいを感じることができました。

特に印象に残ったのは、ホームページ作成です。私は、文章をつくることが苦手なので、他の3人よりもたくさん時間がかかってしまいました。「誰にでも分かりやすい言葉」「一文は短く」を心がけて考えるのは頭を悩まされました。

どんな文面にしたら読みやすくなるのかを考えている時間は大変でしたが、とても勉強になりました。

今回体験してみて、言葉遣いなどをこれから勉強していかないといけないという課題が見つかりました。実際に就職するときは、この課題を克服し、積極性を身に付けた社会人になりたいです。

 

大西 真由

決算概要の訂正確認の様子とても充実した3日間でした。財務係で決算概要の訂正確認業務をしました。この財務係では、水巻町の多額な事業費など、あらゆる情報やデータを管理していて、この業務を通して、役所は町民の人が安全・快適に暮らしていくための生活に合ったより良い暮らしを提供するもの、そして、だれにとっても住み心地の良い素敵な街を作っていくものだと感じました。

あっという間の短い期間でしたが、今回のインターンシップでは、実際にお仕事されている現場の空気を体験できて、大変貴重な経験になりました。このインターンシップで学んだことをこれからの高校生活や進路を決める際に生かしたいです。お世話になった職員の皆さん、本当にありがとうございました。

 

白石 智子

歴史資料館 イチョウの木財務係での決算資料を点検して訂正する作業は、地道ですが、責任のある大事な仕事だと学びました。普段慣れ親しんだ水巻町では、多くの人がたくさんのお金を動かしていました。より住みよい町を作っていることを改めて実感しました。

水巻町図書館の見学では、図書館が大きく綺麗で親しみやすい印象を受けました。資料館では、弥生時代の遺跡・樹齢千年のイチョウの木・堀川などの歴史的な良さを知ることが出来ました。

この3日間はとても有意義で、私の知らない水巻町の魅力がたくさんありました。今後の進路選択には、公務員として、役場に勤めることも考えてみたいです。

 

夛田隈 百恵

オランダコーナーの写真

私が、就業体験を経験して一番心に残っているのは、 水巻町図書館に行ったことです。

水巻町はオランダとの交流がとても深くて、図書館の中にはオランダコーナーがあります。オランダにある建物の3分の1の建物が水巻町図書館の近くにありました。それを見て本当にオランダとの交流が深いのだと思いました。 就業体験で行ったのが初めてだった水巻町図書館ですが、今度は自分だけで来てみたいと思いました。

就業体験を通して色々なことを経験させてもらい本当に水巻町役場でよかったと思います。今回の経験を活かしてこれからの就職・進学を決めるときに役に立てようと思います。

 

 

企画課 情報政策係 電話(代表)093-201-4321

担当部署にメールで問い合わせる

質問内容
返信

メールの返信希望の場合は入力してください。

※必須メールアドレス (半角英数字)
※必須名前
住所
電話番号

 

↑ページの先頭へ