音声 グローバルメニューへジャンプ
音声 コンテンツへジャンプ

小学校教科用図書

最終更新日:2017年9月1日

小学校教科用図書選定結果(平成27年度~平成30年度使用)

遠賀郡4町・中間市の小学校で、平成27年度~平成30年度までの4年間使用する教科書です。

教科書の種目 発行者名
(略称)
教科書名
国語 光村 国語
書写 光村 書写
社会 教出 小学社会
地図 帝国 楽しく学ぶ 小学生の地図帳
算数 啓林 わくわく算数
理科 大日本 新版 たのしい理科
生活 啓林 いきいき せいかつ せいかつ たんけんブック
音楽 教芸  小学生の音楽
図画工作 日文 図画工作
家庭 開隆堂 小学校 わたしたちの家庭科
保健 光文 新版 小学保健

 

遠賀郡4町・中間市の小学校で、平成30年度から使用する道徳の教科書が選定されました。

教科書の種目 発行者名
(略称)

 

教科書名

道徳 日文 小学道徳 生きる力
小学道徳 生きる力 道徳ノート

 

発行者一覧

略称 発行者名
光村 光村図書出版株式会社
教出 教育出版株式会社
帝国 株式会社帝国書院
啓林館 株式会社新興出版社啓林館
大日本 大日本図書株式会社
教芸 株式会社教育芸術社
日文 日本文教出版株式会社
開隆堂 開隆堂出版株式会社
光文 株式会社光文書院

 

小学校図書選定理由(平成27年度~平成30年度使用)

教科書の種目 選定理由
国語
  • 巻頭に「いつも気をつけよう」を位置づけて前学年までの既習事項を示し、身に付けた言語の力を当該学年の学習に生かすことができるように工夫されている。
  • 基礎的・基本的な知識・技能の習得を図ることができる教材と、習得したことを活用する教材とをバランスよく配置し指導事項を確実に身に付けることができるようになっている。
  • 3年生以上の説明的文章の教材では、基礎的・基本的な読みの技術を習得させ、習得した技能を活用して自らの力で読む力を育成することができるよう、2教材構成になっている。
  • 「季節の言葉」では、言語感覚や感性を育むように日本の四季を日本語の表現と結びつけて示してある。
  • 「声に出して楽しもう」を設定し、日本語の言葉の響きやリズムを体感できるように、短歌、俳句、古文、漢文などを音読、暗唱する教材が位置づけてある。
書写
  • よい例と悪い例を比較させたり、創作活動により字形のバランスを考えさせたりすることで、児童の思考を促し、学習のポイントをとらえさせるように工夫されている。
  • 『たいせつ』に学習内容が明らかに記述されていたり、視覚的に学習内容をとらえやすくしたりしており、児童が学ぶべき内容を意識しながら取り組めるようにしている。
  • 学んだことを学校生活や家庭生活等で活かせるように、掲示物や新聞等の具体的な例を示している。
社会
  • 3・4学年「わたしたちの県のまちづくり」、5学年「自動車づくりにはげむ人々」「生活環境を守る人々」は、福岡県の事例が取り上げられているので、児童は興味・関心をもって学習に取り組むことができる。
  • 各小単元の導入段階において、具体的な資料やグラフを提示し、問題を投げかける記述がされ、学習問題が理解しやすくなっている。
  • 「深める」の活動では、社会参画に向けて社会の中で自分たちの果たす役割を考えたり、社会に発信できる能力を身につけさせたりする工夫がみられる。
  • 「深める」の活動では、話し合い活動が設定されて、言語活動の充実が図られている。
地図
  • 地形の特徴、土地の利用が視覚的に分かるように、土地の高低を等高段彩表現している。
  • 地図の成り立ちと使い方が巻頭に示され地図に対する理解を助け、資料活用能力が身に付くようになっている。
  • 日本とその周りの地図を記載し、隣国と日本国土の東西南北の端、領土、経済水域が明示されており、外国との関わりを様々な視点から考えることができるようになっている。
  • 日本列島の全体を、2冊の地図帳を活用し、400万分の1の地図を表せるように工夫している。
算数
  • 「復習→準備→単元→練習・復習」という展開を基本として、既習事項を確認しながらスパイラルな学習を通して基礎的、基本的な定着が図られるようになっている。
  • 「よみとる算数」を設定し、他教科との関連を図った長文や資料の読み取りから必要な情報を選択して、問題解決が図れる工夫がされている。
  • 本時に学ぶ内容や方法を「めあて」、学んだことを「まとめ」として示し、主体的に取り組むことができるようにしている。
  • キャリア教育の一環として、5・6年では、「算数から仕事へ」で仕事のつながりについて考えさせるメッセージを掲載している。
理科
  • 身近な自然の事物・現象から問題を見出し、解決していく学習活動を通して、基礎的・基本的な知識、技能の習得ができるような絵図・写真を適切に配置している。
  • 巻末にシールやシートがあり、それを使って結果を表すことで児童が興味、関心を持って取り組むことができるようになっている。
  • 理科の指導時間を考慮したページ数や内容量になっている。各分野、領域及び内容に偏りがなく調和がとれている。
  • 学習にハンディをもつ児童を意識した印刷製本になっている。印刷は鮮明であり、文字の大きさ・字体・行間も適切である。カラーユニバーサルデザインに配慮している。また、各地域の写真やイラストを数多く掲載することで児童の興味や関心を引き出す工夫がなされている。
生活
  • 導入、主な活動、交流活動、発展の4段階で構成してあり、ストーリー性をもって気づきの質が深められるように工夫してある。
  • 主体的な言語活動になるように、人と関わる時の言葉など吹き出しやカッコ書きで、自分で考えさせて使えるように工夫してある。
  • 子どもの安全面の配慮から、他の教科書に使用されている要注意外来生物「アメリカザリガニ」を啓林館のみ使用せず「バッタ」を使用している。
  • 別冊の「たんけんブック」は、野外活動に特化した資料的教科書になっており、使いやすいように、実物大、1cm方眼紛失防止用の穴開け加工など、改善してある。また、サイズも手ごろで保管しやすく、日常的に進んで調べる態度の育成が期待できる。
音楽
  • 一つの題材に鑑賞曲と歌唱・器楽の楽曲があり、鑑賞と表現が関連されながら学習を進めることができるようになっている。
  • 音楽づくりでは、グループで意見交換しながら一つの音楽をつくりあげる協働の学習を取り入れている。
  • 新しく覚えることとして音符や記号などについて説明がある。
  • 鑑賞曲では使われている学期に写真が多く掲載され、主な旋律が図で表されており、児童が分かりやすく音楽や曲想を感じ取ることができるように工夫されている。
  • 高学年では、琴の楽譜を提示し、子供たちが興味を持って表現できるように工夫している。
  • 糸で綴じた製本がなされ、丈夫である。
図画工作
  • 学習のめあてを「考える」、「工夫する」、「見たり、感じたりする」と観点別に明示しているので、評価を意識した指導をすることができる。
  • 児童の作品が多く掲載され、その作品への思いや工夫の表記があり、多様な表現のよさに気づかせ、鑑賞する際の視点として活用することができるようになっている。
  • 生活科、理科、国語の活動と関連させて、体験した感覚を図画工作で表現する題材があり、効果的な表現力を養い、作品づくりに対する広い見方・考え方を養うことができるようになっている。
  • 日本の伝統工芸品を取り上げた題材があり、児童が日本の伝統技法に関心を持つよう配慮している。
家庭
  • 系統的・発展的な学習展開や中学校を見据えた内容が矢印等をつかってわかりやすく示されている。
  • 各学年に2つのチャレンジコーナーを設け、これまでの学習を生かして実践したくなるような興味や学習意欲を喚起する、提示や内容が工夫されている。
  • 調理や裁縫等の実習では、「できたかな」が設定され、きめ細やかにチェックし、自己肯定感や成就感を高められるようになっている。
  • 巻頭に学習をすすめるための構えづくりができるように配慮されるとともに、各単元にも安全面に配慮した内容が盛り込まれている。
  • カラーユニバーサルデザインをより多く取り入れ、視覚的に内容理解や興味・関心を喚起するよう配慮されている。
保健
  • 習得した知識を活用する学習活動「あてはめよう」(思考)、「見つけよう」(判断)、「伝えよう」(表現)と3つのパターンが示され、自主的な課題解決学習に取り組めるようになっている。
  • 近年の生活習慣の乱れや生活環境の変化、ストレスなどに関わって深刻化している心の問題などについて取り上げ、実践化が図られるようになっている。
  • 発展的な学習については、地震・津波対策、熱中症などを取り上げるなど、喫緊かつ重要な問題をとりあげている。
  • 言語活動の充実を図るため話し合い活動や記述する活動を数多く設けている。
道徳
(平成30年度から使用)
  • 問題解決的な学習、体験的な学習に対応した教材が全学年に掲載され、具体的な学習の手引きが示されている。
  • 道徳的価値を深く考えられるよう、教材と関連した内容や活動を「心のベンチ」として例示している。
  • オリエンテーション「道徳のとびら」では、道徳の学習の進め方などが示されており、見通しをもって学習できるようにしている。
  • 別冊「道徳ノート」には、友達の考えを書く欄や保護者記入欄が用意されており、教師・児童・保護者が活用できるような作りになっている。
  • 各教材のはじめに、問題意識を持たせる問いかけがあり、意欲的に学習を進める工夫がある。
  • 各学年「読み物」資料と「道徳ノート」に分冊化されており、どの教員にも使いやすく工夫されている。

 

平成27年度~平成30年度使用 小学校教科用図書の選定に関する報告(平成26年)

選定委員名簿

第六地区教科用図書採択協議会
会長 増田 俊明
副会長 中島 幸男
監事 太田 俊夫
委員 中尾 治実
委員 花田 敏彦
選定委員会(総括部会) ※順不同
会長 鈴木 邦治 副会長 重野 幸介
委員 小宮 順一 委員 石田 拓司
委員 坂口 博章 委員 坂尾 基治
委員 森口 裕司 委員 村瀬 貴士
委員 森山 公治 委員 江口 洋一
委員 馬場 秀憲 委員 東 恒平
委員 植嶋 高志 委員 石田 嗣宜
委員 猿渡 清正 委員 更田 まゆみ
委員 木原 緑 委員 原 伸明
委員 松山 時春 委員 佃 文範

選定の経過

第六地区教科用図書採択協議会
日程(平成26年) 内容
4月21日(月曜) 第1回第六地区教科用図書採択協議会
会長、副会長の選出、選定方針の協議
5月15日(木曜) 第2回第六地区教科用図書採択協議会
選定委員会委員の選出、選定方針の決定
選定委員会に各教科ごと3種選定を諮問
北九州教育事務所管内教科用図書調査研究協議会に調査研究を要請
5月28日(水曜) 全小学校に見本本を配布し、学校意見書を要請
6月30日(月曜) 学校意見書の取りまとめ
8月1日(金曜) 第3回第六地区教科用図書採択協議会
選定委員会の答申を受け、各教科ごとの調査研究内容を審議し、各教科ごとに1種選定
選定委員会(総括部会・選定部会)
日程(平成26年) 内容
5月28日(水曜) 選定委員会(第1回総括部会、第1回選定部会)
選定委員の委嘱状交付
委員長・副委員長の選出、選定資料の確認
選定部会各教科の協議日程の調整
7月1日(火曜)~24日(木曜) 選定部会(各教科3回)
各教科ごと調査審議(述べ27回)
調査研究協議会からの調査結果報告書の審査
学校意見書の整理
7月28日(月曜) 各教科ごと3種選定し、報告書の取りまとめ
8月1日(金曜) 第2回総括部会
各教科ごと3種選定の報告書を提出
採択協議会に各教科3種選定した結果を答申
北九州教育事務所管内教科用図書調査研究協議会
日程(平成23年) 内容
5月27日(火曜) 各教科ごとに調査研究(6月30日まで)
7月1日(火曜) 採択協議会に調査研究報告書を答申

 

平成30年度使用 小学校教科用図書(道徳)の選定に関する報告(平成29年)

選定委員名簿

第六地区教科用図書採択協議会
会長 増田 俊明
副会長 中尾 治実
監事 小宮 順一
委員 三桝 賢二
委員 佐々木 敏幸
選定委員会(総括部会) ※順不同
会長 鈴木 邦治 副会長 小林 伸一
委員 中元 昭広 委員 中山 千穂

選定の経過

第六地区教科用図書採択協議会
日程(平成29年) 内容
5月8日(月曜) 第1回第六地区教科用図書採択協議会
会長、副会長の選出、選定方針の協議
5月16日(火曜) 第2回第六地区教科用図書採択協議会
選定委員会委員の選出、選定方針の決定
北九州教育事務所管内教科用図書調査研究協議会に調査研究について諮問
5月24日(水曜) 選定委員会に3種選定を諮問
5月26日(金曜) 全小学校に見本本を配布し、学校意見書を要請
8月1日(火曜) 第3回第六地区教科用図書採択協議会
選定委員会の答申を受け、調査研究内容を審議し、1種選定
選定委員会(総括部会・選定部会)
日程(平成29年) 内容
5月24日(水曜) 選定委員会(第1回総括部会、第1回選定部会)
選定委員の委嘱状交付
委員長・副委員長の選出、選定資料の確認
選定部会各教科の協議日程の調整
7月3日(月曜)~21日(金曜) 選定部会(全3回)
調査審議、調査結果報告書の審査
学校意見書の整理
7月21日(金曜) 3種選定し、報告書の取りまとめ
8月1日(火曜) 第2回総括部会
3種選定の報告書を提出
3種選定した結果を委員長に答申
北九州教育事務所管内教科用図書調査研究協議会
日程(平成29年) 内容
4月16日(日曜) 第1回調査研究協議会(役員選出、日程等協議)
5月22日(月曜) 第2回調査研究協議会(地区採択協議会から諮問)
5月29日(月曜)~6月30日(金曜) 調査研究部会(調査・研究・報告書まとめ)
6月30日(金曜) 地区採択協議会に調査研究報告書を答申

 

 

学校教育課 学校教育係 電話(代表)093-201-4321

担当部署にメールで問い合わせる

質問内容
返信

メールの返信希望の場合は入力してください。

※必須メールアドレス (半角英数字)
※必須名前
住所
電話番号

 

↑ページの先頭へ