音声 グローバルメニューへジャンプ
音声 コンテンツへジャンプ

広報みずまき

広報みずまき11月25日号

PDF版

■トピックス■

休日納税相談

当日は納付もできます。仕事などで平日に納付が困難な人は、ぜひ利用してください。

  • とき 12月9日(土曜)・10日(日曜)午前9時~午後3時
  • ところ 役場納税係窓口
    ※当日は正面玄関が施錠されています。役場裏口(保育所側)から入ってください。
  • 問い合わせ 役場納税係 電話(代表)093-201-4321

水巻町成人式

成人式は、成人の日の前日となる日曜日に行います。町内に住んでいる新成人に、成人式の案内はがきを郵送しています。対象者で、案内はがきが届いていない人は公民館係へ連絡してください。

  • とき 平成30年1月7日(日曜)午後3時 ※受け付けは午後2時30分からです。
  • ところ 中央公民館大ホール
  • 対象 新成人(平成9年4月2日~平成10年4月1日に生まれた人)
    ※就職や就学などで、現在は住所が水巻町に無い人も参加できます。希望する人は、12月8日(金曜)までに連絡してください。
  • 内容 アトラクション、式典、恩師を囲んでの自由交歓会など
  • 持ってくるもの 成人式の案内はがき
  • 問い合わせ 役場公民館係(中央公民館内) 電話(代表)093-201-4321

12月4日~10日は人権週間です。 人権週間のつどい

人権集会のつどいは、毎年12月に行っている人権週間の催しです。今年はえぶり小学校3年生が育てた人権の花ひまわりの活動発表や映画の上映を行います。上映されるのは「はなちゃんのみそ汁」のはなちゃんが通っていた高取保育園の食育と、はなちゃんのその後のドキュメンタリーです。

人権意識を持つ上で、命のもとである食事のことを考え、人権に触れてみませんか。申し込みは不要で誰でも参加できます。

  • とき 12月9日(土曜)午前10時~正午
  • ところ 中央公民館大ホール
  • 費用 無料
  • 問い合わせ 役場生涯学習課人権係 電話(代表)093-201-4321

美浦喜明町長再任あいさつ

誇れる故郷 水巻町のために

このたび、多くの町民の皆さんのご支援を賜り、2期目につきましては無投票という形でご信任をいただきました。今、あらためて町政を担う責任の重さを痛感し、身の引き締まる思いです。

1期目の4年間では、「明るい」まちづくりを目標に掲げ、スピード感をもって各事業や施策に臨み、公約実現に向けて、町民の皆さんと一緒になって町づくりに取り組んできました。

具体的な実績と致しましては、まず、子育て支援施策として、中学校3年生までの医療費の無償化を実施したほか、教育環境整備として、全小・中学校へのエアコンの設置やトイレの改修、給食費の一部助成を実施しました。また、定住対策としては、「定住促進奨励金」や「古屋解体支援補助金」を創設したほか、住環境の整備として、JR水巻駅のバリアフリー化や南口の整備、町営住宅の一部にエレベーターを設置するとともに、町内の防犯灯や道路照明のLED化などを実現致しました。

2期目となるこれからの4年間はこれまでの事業を継続しながらも、「教育・子育て環境の充実」「雇用の創出と新たなまちづくり」「住環境の整備と健康福祉の向上」を3つの大きな柱として、さらにハード・ソフトの両面から新たな施策に取り組んでいきます。

そして町民の皆さんが、この水巻町を訪れる故郷として実感していただけるよう全身全霊頑張ってまいりますので、皆さんの一層の町政へのご参加とご協力を心よりお願い致します。

 

美浦 喜明(みうら よしあき)

昭和30年2月18日生まれ

Profile

  • 水巻町古賀に生まれる
  • えぶり小学校卒業
  • 水巻中学校卒業
  • 東筑高等学校卒業
  • 九州産業大学経営学部卒業
  • 水巻町議会議員(昭和58年~平成25年)
    平成5~7年および平成9~17年に議長を勤める。
  • 水巻町長1期(平成25年~29年)

向き合い、支え合う。認知症

「何度も同じことを言う」、「名前を忘れる」、「何となく元気がない」。これらは、認知症の初期症状の例です。いつ発症するか分からないこの病気には、誰もが不安を抱きます。その不安を、本人や家族だけで抱え込まないでください。周りに相談することで、本人や介護者の負担を軽減し、不安を解消できるかもしれません。町の相談窓口や専門の医療機関などを活用し、一緒に対応を考えましょう。

 

気になることがあれば放置せずに早めの対応を

「認知症」は、脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなったりして記憶力や判断力に障がいが起こり、生活に支障が出ている状態です。

年を取ると誰でも忘れっぽくなりますが、これは「加齢によるもの忘れ」で、「認知症によるもの忘れ」とは違います。例えば、朝ご飯を食べたときに、加齢によるもの忘れでは、メニューは思い出せないけれど食べたことは覚えています。一方、認知症では、食べたこと自体を忘れてしまいます。この二つは区別が難しく、気になることがあれば、放置せずに早めに対応することが必要です。症状が軽い段階で治療することで、進行を遅らせることができます。

町では、医療・介護の専門職で認知症初期集中支援チームを結成しています。認知症の人やその家族を訪問し、早期診断・対応に向けて、おおむね6か月間、支援を行っています。次の「支援の対象となる人」が身近にいるときは、地域包括支援センターに相談してください。

本人と家族のために まずは相談を

本人のできることを奪わず、楽しい人生を再構築するためには、早期発見・診断、社会とのつながりが大切です。本人の意思が尊重され、住み慣れた地域で暮らし続けるためにも、気になることや不安があれば、下記の窓口で気軽に相談してください。

認知症初期集中支援チームの支援の対象となる人

自宅で生活している40歳以上の人で、認知症の人または認知症が疑われる人が対象です。ただし、次の(1)または(2)の条件を満たす必要があります。

(1)医療サービスや介護サービスを受けていないまたは中断している人で、次のいずれかの条件を満たす人

  • 認知症の診断を受けていない
  • 継続的な医療サービスを受けていない
  • 適切な介護サービスに結び付いていない
  • 認知症と診断されたが介護サービスを中断している

(2)医療サービスや介護サービスを受けているが、認知症の症状が強いために周りの人だけでの対応が難しい人


気になることがあるときの相談窓口

名称 とき ところ 問い合わせ
地域包括支援センター
(役場高齢者支援係内)
月曜日~金曜日
午前8時30分~午後5時15分
頃末北1丁目1番1号 093-201-4321
北部高齢者支援センター 月曜日~土曜日
午前9時~午後5時
猪熊1丁目6番40号 093-202-8990
中部高齢者支援センター 月曜日~土曜日
午前9時~午後5時
頃末北4丁目2番30号 093-201-1314
南部高齢者・障がい者支援センター 月曜日~金曜日
午前9時~午後6時
吉田南2丁目9番1号 093-201-8826

もの忘れ外来がある医療機関

名称 とき ところ 問い合わせ
遠賀中間医師会おかがき病院 火曜日、水曜日、木曜日
午前9時~午後5時
岡垣町大字手野145 093-282-0181
高倉クリニック 水曜日、木曜日
午前9時~正午
岡垣町公園通り1丁目7番1号 093-282-0081

 

  • 問い合わせ 地域包括支援センター 電話(代表)093-201-4321
企画財政課 企画広報係 電話(代表)093-201-4321

担当部署にメールで問い合わせる

質問内容
返信

メールの返信希望の場合は入力してください。

※必須メールアドレス (半角英数字)
※必須名前
住所
電話番号

↑ページの先頭へ