音声 グローバルメニューへジャンプ
音声 コンテンツへジャンプ

広報みずまき

広報みずまき2月25日号

PDF版

■トピックス■

煙体験ハウスを整備

煙体験ハウス

遠賀郡消防本部では、宝くじ助成事業からの助成金で、煙体験ハウス一式を整備しました。

このテントは、消防本部が開催するイベントなどで、防火・防災意識を高めるために活用していきます。

  • 問い合わせ 遠賀郡消防本部予防課 電話093-293-8125

「子どもの日」赤ちゃん写真募集

広報赤ちゃんの写真

広報みずまき5月10日号に掲載する赤ちゃんの写真を募集します。

  • 対象 平成28年1月~12月生まれの町内の赤ちゃん
  • 定員 60人(先着順)
  • 申込方法
    赤ちゃんの写真を持って、役場企画広報係窓口で申し込んでください。郵送や電子メールでも申し込むことができます。
    ※郵送またはメールの場合は、表題に「子どもの日の赤ちゃん写真」と書き、赤ちゃんの名前・生年月日、保護者の名前、住所、電話番号を記入して、写真を添えて送付してください。
    • 郵送先 〒807-8501水巻町役場企画 広報係(住所不要)
    • メール koho@town.mizumaki.lg.jp
  • 申込期限 3月24日(金曜)
  • 問い合わせ 役場企画広報係 電話(代表)093-201-4321

 

3月12日は環境美化の日です

町内一斉の清掃活動を「環境美化の日」に行います。

水巻町の環境美化と草ごみの再資源化に向けて、皆さんの協力をお願いします。

※側溝の清掃、公園の除草や枝の剪定などを行う場合は、必ず各自治会に届けてください。届け出がない場合、回収ができないことがあります。

  • とき 3月12日(日曜)
  • 問い合わせ 役場環境係 電話(代表)093-201-4321

マリンテラスあしやでの高齢者の入浴利用料を助成します

マリンテラスあしや

えぶり山荘の閉館に伴う代替サービスとして、4月から国民宿舎「マリンテラスあしや」(芦屋町山鹿)の入浴施設利用料の一部助成を行います。助成を希望する高齢者は、事前に利用者登録を行って、利用者証を受け取ることが必要です。

また、この入浴施設の利用開始に合わせて、4月1日(土曜)から「マリンテラスあしや」にも向かう福祉バスの新しい路線も運行します。バスの路線や停留所などは広報みずまき3月10日号で確認してください。

  • 対象 平成29年3月31日(金曜)時点で64歳以上になる町内に住む人
  • 自己負担額 1回あたり入浴施設利用料300円
  • 持ってくるもの 背景に何も写っていない利用者の顔写真(縦4cm×横3cm)、申請者の公的身分証明書
    ※同居家族以外の人が申請する場合は、委任状が必要です。
  • 申込方法 3月28日(火曜)以降に役場1階102会議室で申し込んでください。
    ※4月17日(月曜)からは役場高齢者支援係窓口で受け付けます。
  • 注意すること
    • 利用者証の有効期間は、4月1日(土曜)~平成30年3月31日(土曜)です。
    • 入浴施設利用料の助成回数は年間24回までです。
    • 入浴施設利用料610円のうち、自己負担額300円を「マリンテラスあしや」の入浴施設の受付窓口で支払ってください。
    • 利用者証を提示せずに入浴した場合の払い戻しは行いません。入浴利用者証を必ず受付窓口で提示してください。
    • どのような理由でも、利用者証の再発行は行いません。大切に保管してください。
  • 申し込み・問い合わせ 役場高齢者支援係 電話(代表)093-201-4321

町民税・県民税の申告は役場101会議室で行います

下記の日程で申告相談を受け付けます。

申告相談を行う人は、申告会場(役場101会議室)入口の番号札を取って、場内で待機してください。

※事前に申告書が必要な人は、問い合わせてください

申告に必要な書類

申告する内容で必要書類が異なります。主な必要書類は次のとおりです。

1.平成28年中の収入が分かる書類

  • 給与所得の源泉徴収票
  • 公的年金等の源泉徴収票
  • 報酬、謝礼などの支払調書
  • 個人事業・農業・不動産業などの収支内訳書(事前に作成されたもの)
  • 保険の満期など一時所得の支払明細
  • 個人年金の支払明細

2.所得控除額の分かる書類

  • 国民年金保険料控除証明書
  • 任意継続の健康保険、建設国保などの保険料領収書
  • 地震保険料、生命保険料の控除証明書
  • 寄付金控除用領収書
  • 障害者手帳、療育手帳(本人・扶養親族)
  • 医療費領収書と明細書(事前に作成されたもの)

3.その他

  • 個人番号カードまたは通知カード
  • 印鑑
  • 本人名義の通帳の口座番号
    ※通知カードを持ってくる場合は免許証や保険証などの身分証明書も必要です。
    ※所得税を新規に振替納付する人は通帳印も必要です。

所得税の確定申告

町の申告会場でも、所得税の確定申告の相談をすることができます。ただし、専門的な判断が必要な場合は、税務署窓口へ行ってもらうことがあります。特に次の3つの相談は、3月1日(水曜)以外は、受け付けることができませんので注意してください。

  • 不動産・株式などの譲渡所得(譲渡収入が1,000万円未満のみ)
  • 住宅取得借入金特別税額控除(住宅ローン控除)
  • 青色申告
    ※町の申告会場には、税務署職員はいません。特殊事情の取り扱いなどは、事前に若松税務署窓口(電話093-761-2536)に問い合わせてください。

 

申告の日程

混雑を避けるために、各地区指定日での申告にご協力ください。都合がつかず、各地区指定日以外の日に来るときは、事前連絡は必要ありません。

  • 時間 午前9時~午後4時
    申告受付の番号札を午前8時30分から申告会場の役場101会議室で配付します。
  • 場所 役場101会議室

公的年金以外の申告

2月 27日(月曜) 吉田団地 鯉口 えぶり 頃末南 中央
28日(火曜)
3月 1日(水曜) 住宅借入金(取得)還付申告と譲渡所得の申告
2日(木曜) 高松 下二東 伊左座 下二西
3日(金曜)
6日(月曜) 頃末北 吉田西 古賀 吉田南
7日(火曜)
8日(水曜) 二東 美吉野 二西 高尾
9日(木曜)
10日(金曜) おかの台 宮尾台 梅ノ木団地 緑ケ丘
13日(月曜)
14日(火曜) 樋口 樋口東 立屋敷 吉田東 猪熊
15日(水曜)
  • 問い合わせ 役場住民税係 電話(代表)093-201-4321

明細書の作成を忘れずに 医療費控除の事前準備

一定の条件を満たす人は、1年間に支払った医療費を基に所得控除を受けられることがあり、これを医療費控除といいます。

  • 対象 所得税または町民税・県民税の所得割が課税される人で、年間に支払った医療費が次の(1)と(2)の少ない方を超える人
    (1)10万円 (1)総所得金額等の5%
  • 申告方法 平成28年中に支払った医療費を集計した明細書を作る必要があります。明細書は事前に作成して、領収書(原本)と一緒に持って来てください。領収書を紛失しているときは、申告できません。
    ※医療費を集計する明細書用紙は、役場住民税係窓口で配布しています。
    ※自作した明細書用紙でも使用できます。誰が、どこで、年額いくら支払ったかが分かるようにしてください。また、医療保険などの給付があったときは、対応する医療費支払額から給付額を差し引いてください。
企画財政課 企画広報係 電話(代表)093-201-4321

担当部署にメールで問い合わせる

質問内容
返信

メールの返信希望の場合は入力してください。

※必須メールアドレス (半角英数字)
※必須名前
住所
電話番号

↑ページの先頭へ