音声 グローバルメニューへジャンプ
音声 コンテンツへジャンプ

町議会会議録 平成29年第7回定例会[9月4日]

最終更新日:2018年9月30日

議事日程

日程第1 会議録署名議員の指名について

日程第2 会期について

日程第3 認定第1号 平成28年度水巻町一般会計歳入歳出決算の認定について

日程第4 認定第2号 平成28年度水巻町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について

日程第5 認定第3号 平成28年度水巻町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について

日程第6 認定第4号 平成28年度水巻町地域下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について

日程第7 認定第5号 平成28年度水巻町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について

日程第8 議案第27号 平成29年度水巻町一般会計補正予算(第1号)について

日程第9 議案第28号 平成29年度水巻町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について

日程第10 議案第29号 平成29年度水巻町公共下水道事業会計補正予算(第1号)について

 

出席議員

1.出席議員

1番 白石 雄二 9番 井手 幸子
2番 出利葉 義孝 10番 住吉 浩徳
3番 廣瀬 猛 11番 入江 弘
4番 水ノ江 晴敏 12番 津田 敏文
5番 松野 俊子 13番 古賀 信行
6番 久保田 賢治 14番 近藤 進也
7番 小田 和久 15番 柴田 正詔
8番 岡田 選子 16番 舩津 宰

 

2.欠席議員

なし

 

3.議場に出席した議会事務局の職員

局長 入江 浩二
係長 藤井 麻衣子
主任 原口 浩一

 

4.地方自治法第121条の規定により、議場に出席したもの

役職名 氏名 役職名 氏名
町長 美浦 喜明 福祉課長 吉田 奈美
副町長 吉岡 正 健康課長 内山 節子
教育長 小宮 順一 建設課長 荒巻 和徳
総務課長 蔵元 竜治 産業環境課長 増田 浩司
企画財政課長 篠村 潔 上下水道課長 河村 直樹
管財課長 原田 和明 会計管理者 山田 浩幸
税務課長 大黒 秀一 生涯学習課長 村上 亮一
住民課長 手嶋 圭吾 学校教育課長 吉田 功
地域・こども課長 山田 美穂 図書館・歴史資料館館長 古川 弘之

 

議事録

平成29年9月4日

午前10時00分 開会

議長(白石雄二)

出席16名、定足数に達していますので、只今から平成29年第7回水巻町議会定例会を開会いたします。

日程第1 会議録署名議員の指名について

議長(白石雄二)

日程第1、会議録署名議員の指名について。今期定例会の会議録署名議員に2番 出利葉議員、3番 廣瀬議員を指名いたします。

日程第2 会期について

議長(白石雄二)

日程第2、会期についてお諮りいたします。今期定例会の会期は、本日より9月25日まで、22日間としたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

― 異議なし ―

ご異議なしと認めます。よって会期は、9月25日まで22日間と決しました。

日程第3 認定第1号 / 日程第4 認定第2号 / 日程第5 認定第3号 / 日程第6 認定第4号 / 日程第7 認定第5号

議長(白石雄二)

日程第3、認定第1号 平成28年度水巻町一般会計歳入歳出決算の認定について、日程第4、 認定第2号 平成28年度水巻町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について、日程第5、認定第3号 平成28年度水巻町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について、日程第6、認定第4号 平成28年度水巻町地域下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、及び日程第7、認定第5号 平成28年度水巻町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定についての5案件を一括議題といたします。町長に提案理由の説明を求めます。町長。

町長(美浦喜明)

認定第1号 平成28年度水巻町一般会計歳入歳出決算の認定について、認定第2号 平成28年度水巻町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第3号 平成28年度水巻町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第4号 平成28年度水巻町地域下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、認定第5号 平成28年度水巻町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、以上につきましては、一括して提案させていただきます。

認定第1号から第5号までの5案件は、地方自治法第233条第3項の規定に基づき、監査委員の意見を付けて、議会の認定に付するものです。よろしくお願いいたします。

議長(白石雄二)

引き続き、監査委員に監査報告を求めます。加藤監査委員。

監査委員(加藤博道)

代表監査委員の加藤でございます。はじめに平成28年度水巻町一般会計及び特別会計の決算審査結果についてご報告申し上げます。審査の対象は、平成28年度水巻町一般会計、国民健康保険事業特別会計、後期高齢者医療特別会計、地域下水道事業特別会計及び公共下水道事業特別会計の、それぞれの歳入歳出決算であります。

各会計の歳入歳出決算書及び関係書類等を基に審査いたしました結果、各会計とも予算の目的にそって執行されており、またその計数は正確であり、平成28年度における決算額が、適正に表示されているものと認めました。

それでは、詳細は省略させていただき、総括的な意見を申し上げます。

まず、一般会計決算は、歳入決算額97億5千630万2千円、歳出決算額93億9千977万7千円で、歳入決算額から歳出決算額を差し引きした形式収支では、3億5千652万5千円の黒字決算です。

形式収支3億5千652万5千円の中から、繰り越し財源として翌年度に7千356万9千円を繰り越し、財政調整基金に1億5千万円を積み立てたため、最終的な翌年度への純繰越金は、1億3千295万6千円であります。

歳入につきましては、前年度より2千85万2千円の増加であります。主なものは、国庫支出金4千272万7千円、県支出金5千3万7千円等が増加となりましたが、町税8千819万7千円、地方消費税交付金5千481万9千円、地方交付税2億8千512万2千円等が大きく減少となったため、繰入金2億1千465万8千円、町債1億4千270万3千円で財源不足を補っています。

歳出については、前年度より4千434万1千円の増加であります。

「義務的経費」は、3千899万1千円の増加であり、前年度と比較して、公債費は、3千415万5千円、人件費3千269万3千円減少いたしましたが、扶助費1億583万9千円の増加が、主な増の原因であります。

「消費的経費」は、1億1千80万3千円の増加で、物件費は、減となっていますが、遠賀・中間地域広域行政事務組合の負担金、新たに定住促進奨励金や公立保育所の施設型給付費等の補助費等が増額となったことが主な原因であります。

「投資的経費」は、普通建設事業費は、小中学校のエアコン設置工事やトイレ改修工事、消防車2台購入などの新規事業はありましたが、中央公民館空調設備改修工事や町営住宅エレベーター設置工事終了などの減により全体で3千43万7千円の減少となっています。

「その他の経費」は、9千275万3千円の減少となっていますが、これは、公営企業等への操出金は増加したものの、退職手当準備基金や減債基金等の積立金の減が主な原因であります。

次に、特別会計ですが、国民健康保険事業特別会計は、形式収支では3千797万2千円の黒字決算でありますが、一般会計からの「その他繰入金」や「その他の繰越金」を差し引くと、8千334万4千円の赤字決算であります。なお、一般会計からの赤字補てん繰り入れである「その他繰入金」は、2千500万円減少し9千500万円となっています。

高齢化社会の進行と医療技術高度化に伴い医療費の増加は、今後も続くものと思われます。

国民健康保険事業特別会計は、赤字補てんを一般会計からの繰入金に頼らざるを得ない財政状況であるので、前年度にも要望いたしましたが、町全体で子どもからお年寄りまで、健康づくりの目標を立てた啓発活動を推進して住民の健康意識を高め、「特定健康診査」、「特定保健指導」の取り組みを進めるとともに、レセプト点検の充実、ジェネリック医薬品利用の促進などで、医療費増加の抑制を図られたい。加えて、保険税の納税意識を高め、収入率の向上にも、より一層努められたいと思います。

後期高齢者医療特別会計は、574万7千円の黒字決算であります。

後期高齢者医療特別会計の財政運営は、都道府県単位で全市町村が加入する広域連合が行ない、保険料徴収は市町村が行なっています。後期高齢者医療保険における被保険者は年々増加しており、本年度の平均被保険者数は、4千67人で前年度より157人増加しています。

医療費の増に加えて後期高齢者医療被保険者数も年々増加しており、後期高齢者医療広域連合への負担金が増加傾向にあるので、特に高齢者の健康管理意識向上の取り組みを進め、医療費の抑制に努められるとともに、引き続き保険料未収解消の対策を講じられたいと思います。

地域下水道事業特別会計は、平成29年4月に公共下水道企業会計へ移行したため、3月末での打ち切り決算となっています。

公共下水道事業特別会計は、2千873万8千円の黒字決算であり、重要な財源である下水道使用料及び受益者負担金の収入率向上に努力され、また下水道基盤の整備促進にも努力されることを、併せて要望いたします。

全体として、地域経済の状態や雇用情勢の回復は、不透明であり、町の主要な財源である税収の伸びについては、次年度以降も楽観視できない状況にあります。

一般会計は、歳入では、町税収入、地方交付税が共に減少し、町の財政状態は、悪化していますが、この影響は、一時的なものと考えています。また、景気変化に影響を受ける法人町民税などの税収には不安定要素もあり、注意を要する必要があります。歳出では、公共施設の老朽化等に伴う改修工事費が増加し、また、少子高齢化社会の進行により、扶助費等の増加傾向も続いており、繰出金の増などで、行財政運営は、厳しい状況が続いています。

今後の行財政運営に当たっては、歳入に関しては、国や県の動向を適切に把握するとともに、詳細な行財政の点検により財源の確保を推進していただきたい。また、町税、国民健康保険税については、職員の努力によって、稀にみる収納率を確保していますが、この水準を維持しつつ、その他の使用料、負担金等の収入未済額の解消に向けた、効果的な収納対策の強化を図られたい。

歳出に関しては、少子高齢化社会の進行に伴う社会保障費の増加や下水道事業の整備促進に伴う繰出金、国民健康保険、介護保険広域連合、後期高齢者医療等への負担金・繰出金の増などで、厳しい財政状況が続くものと思われますが、限られた財源の中であらゆるツールを活用し、社会の動向や住民の要求を的確に把握して、住民サービスの向上に向けた効率的・効果的な行財政運営を望むものであります。

次に、平成28年度定額資金運用基金運用状況調書の審査について、ご報告申し上げます。

対象の定額資金運用基金は国民健康保険高額療養資金貸付基金と国民健康保険出産資金貸付基金であります。

期間中の基金の運用状況は、それぞれの設置目的にそって運用されており、計数は正確で、その執行は適正であると認めました。

続いて、「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」に基づく、実質赤字比率・連結実質赤字比率・実質公債費比率・将来負担比率の健全化判断比率及び公営企業における資金不足比率の審査について、ご報告申し上げます。

健全化判断比率は、国が示す早期健全化基準及び財政再生基準を下回っており、また、公営企業における資金不足比率についても、資金不足無しであることを確認しました。

以上、平成28年度一般会計・特別会計の決算審査及び定額資金運用基金運用状況調書の審査、並びに健全化判断比率及び公営企業における資金不足比率についての、決算審査報告といたします。

日程第8 議案第27号

議長(白石雄二)

日程第8、議案第27号 平成29年度水巻町一般会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。町長に提案理由の説明を求めます。町長。

町長(美浦喜明)

議案第27号 平成29年度水巻町一般会計補正予算(第1号)について。今回の補正予算は、「コミュニティ・スクール導入促進事業補助金」を活用したコミュニティ・スクールの導入に向けた取り組みなどの経費及び「地域学校協働活動事業補助金」を活用した放課後子ども教室運営事業の経費などにつきまして、所要の補正をお願いするものです。

予算の総額は、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ1千100万円を追加しまして、96億5千100万円としております。

歳出予算の主なものとしまして、まず、個人住民税の特別徴収税額通知に個人番号が記載されているため、簡易書留による通知が必要となったことから、通信運搬費を183万8千円増額しています。

さらに、ふくおか学力向上推進事業等補助金を活用した児童・生徒の学力向上に向けた取り組みを行なうための経費を155万9千円計上したほか、地域学校協働活動事業補助金を活用した放課後子ども教室運営事業の経費207万4千円を計上しています。

また、水巻南中学校多目的教室設置に伴う実施設計委託料を300万円、町民プールにおいて、法面を補修する必要が生じたことから、工事請負費を106万5千円計上するなど所要の補正を行なうものです。

歳入予算につきましては、県支出金として、ふくおか学力向上推進事業等補助金39万円、コミュニティ・スクール導入促進事業補助金80万円、地域学校協働活動事業補助金60万9千円、前年度繰越金として890万1千円、諸収入として、健康日本21推進地方大会負担金30万円を増額しています。よろしくご審議をお願いいたします。

日程第9 議案第28号

議長(白石雄二)

日程第9、議案第28号 平成29年度水巻町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。町長に提案理由の説明を求めます。町長。

町長(美浦喜明)

議案第28号 平成29年度水巻町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について。今回の補正予算は、平成28年度退職者医療療養給付費等交付金の確定に伴う精算償還金が発生したことから、所要の補正をお願いするものです。

予算の総額は、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ280万円を追加し、43億5千280万円としています。

歳出予算につきましては、退職者医療療養給付費等交付金の確定に伴う精算償還金280万円を増額しています。その財源といたしまして、共同運営準備事業費補助金20万8千円、前年度繰越金259万2千円を増額いたしております。よろしくご審議をお願いいたします。

日程第10 議案第29号

議長(白石雄二)

日程第10、議案第29号 平成29年度水巻町公共下水道事業会計補正予算(第1号)についてを議題といたします。町長に提案理由の説明を求めます。町長。

町長(美浦喜明)

議案第29号 平成29年度水巻町公共下水道事業会計補正予算(第1号)について。今回の補正予算は、人事異動等に伴い、職員給与費に不足が生じる見込みのため、所要の補正を行なうものです。

補正予算の内容といたしましては、収益的支出の総係費に99万5千円を追加し、8千50万9千円とし、資本的支出の管渠整備費に550万1千円を追加し、7億2千827万2千円としています。よろしくご審議をお願いいたします。

議長(白石雄二)

以上をもって、本日の日程は全部終了いたしました。本日は、これをもって散会いたします。

午前10時21分 散会

 

 

議会事務局 電話(代表)093-201-4321

担当部署にメールで問い合わせる

質問内容
返信

メールの返信希望の場合は入力してください。

※必須メールアドレス (半角英数字)
※必須名前
住所
電話番号

↑ページの先頭へ